MENU

グルコサミンの1日に必要な摂取量はどのくらいなの?


関節の痛みなどに効果が期待されているグルコサミン。
サプリメントや健康食品にも多く配合されているものがありますが、1日に必要な摂取量の目安とはどれくらいなのでしょうか。

摂取量の目安は?


グルコサミンの1日に必要な摂取量の目安としては、1日あたり1500ミリグラムほどといわれています。
しかしこれは正確に定められているものではなく、アメリカでは体重が軽い人の場合には1000ミリグラムほど、また90キログラム以上体重がある人の場合には2000ミリグラムが適量であるとも言われています。
変形性関節症の治療としてグルコサミンをもちいる場合には、1日あたりの摂取量は1000ミリグラムから1200ミリグラムほどといわれています。
そして日本のサプリメントに多く配合されているグルコサミンの効果を確かめる試験では、1日あたり1500ミリグラムから2000ミリグラムの摂取量で行われています。

サプリメントで摂取するとしても結構多い量に…

しかしこの量をサプリメントで摂取することにした場合、種類によっても異なりますが大きめのカプセルを10粒以上のまなくてはいけない計算になります。
そのため栄養補助食品などから摂取する場合には、配合量をしっかりと確認してから摂取するようにしましょう。
また一緒に含まれている他の成分の量も確認する必要があります。
過剰摂取しても問題のない成分もあれば、副作用の可能性がある成分もあります。
商品には摂取の目安量が記載されているので、その量を基本とし、その日の自分の体調や持病を考えて摂取するようにしましょう。おすすめは北国の恵みというグルコサミンサプリのレベルアップ版サプリメント(北国の恵みを注文する方法)です。気になる方はチェックしてみてください。

グルコサミンを摂取する際の注意点


この成分を摂取する際には、頭に入れておきたい注意点もあります。
この成分はもともと体内に存在する成分です。
多少であれば大目に摂取しても問題はないと言われていますが、過剰摂取することで胃が痛くなったり、胸やけが起きたり、吐き気が起きたりといに不快症状が発生することがあるともいわれています。
そのため過剰摂取には十分気をつけましょう。

甲殻アレルギーの場合注意が必要です

またグルコサミンを配合したサプリメントには、カニやエビなどの甲殻類を原料としているものが多いので、効果がアレルギーを持っている人が摂取した場合、アレルギー反応が出る可能性があります。
成分表示をよく確認して摂取するようにしましょう。

持病がある場合は医師に相談してから

さらにこの成分は、血液凝固阻止剤の一部の薬と一緒に飲んでしまった場合、血液凝固阻止の作用が高まったり、血圧の上昇、血糖値の上昇にも影響を及ぼすといわれています。そのため持病によりこのような薬を飲んでいる人が摂取する場合には、必ず医師に相談してから摂取するようにしましょう。